プリント基板実装 表面実装 基板試作 リペア オーバーホール 基板修理の株式会社三共電気

会社概要
経営活動方針
お客様に合わせて自社を変える事により、高品質・短納期・低コストの生産システムを構築します。
ご挨拶
基盤実装の技術に取組んで33年。三共電気は挑戦し続けます。

高度で多様化していく電子機器は最先端のテクノロジーを駆使した製品、高度なシステム開発が盛んにおこなわれています。そのような高度な電子機器を具現化するために必要な実装技術が我々三共電気が担い、存在する意義です。

当社は1977年にプリント基板実装を主な業務として創業以来、今日まで多くのお客様から、高い評価とご愛顧をいただいております。このことは当社がお客様第一主義をモットーに、品質・価格・サービスの面でお客様満足度の向上を目指して取り組み、常に半導体、電子機器の技術革新のなかで、新しい技術、ノウハウを習得・研鑽してきた結果と自負しております。

一方、私どもを取り巻く事業環境は、大手企業を中心に自社製品の一貫生産体制から分業化、アウトソーシング化
、海外大量生産、国内多品種少量生産が時代の要請として求められており、その経営手法が高品質化、コスト削減、人員削減など、企業体質の効率化、競争力の強化と、多くのメリットを生み出しております。当社は、アウトソーシング・サービスの担い手として、さらに信頼される企業を目指して全力を注いでおります。
会社概要
会社名 株式会社三共電気
所在地 〒241-0001
神奈川県横浜市旭区上白根町762-4
電 話 045-953-2528
FAX 045-953-2287
資本金 1,000万円
事業内容 各種電子機器のプリント基板の組立
各種電子機器のプリント基板の組立配線
各種電子機器のプリント基板の組立検査
法人設立 1977年3月22日
役 員   代表取締役 浜村 久百
決算期 3月
従業員数 社員12名 
定時社員20名
(2014年4月現在)
主な取引先 池上通信機株式会社
アズビル株式会社
株式会社アドバンテスト九州システムズ
株式会社アドバンテスト群馬工場
主な仕入先 富士合金株式会社
相模精工株式会社
下田通商株式会社
取引金融機関 城南信用金庫
東京三菱UFJ銀行
りそな銀行
八千代銀行
工場概要 鉄筋ALC3階建
750kgエレベーター付
建築面積 260.7u
述べ床面積 809u

会社沿革
年度   主業務内容   導入設備   写真
昭和52年4月 低周波治療機の一貫生産ライン構築   自動半田装置    
昭和54年 ゲーム機用プリント基板受注開始   USA製部品加工機、フロン洗浄機導入    
昭和56年 通信機用プリント基板受注開始        
昭和57年     自社工場建設4月稼動
自動半田装置
組み付けコンベアー
   
昭和61年 ワープロ用プリント基板受注開始   IC自動挿入機導入    
昭和62年 高機能低周波治療機受注
ICテスター用プリント基板受注開始
  SMT装着機導入(三洋)
SMT装着機FUJI(HP)
   
平成元年 IC.テスター基板   SMT装着機FUJI(CP3)
リフロー
自動半田装
洗浄機
   
平成4 年 IC.テスター基板   インサーキットテスター    
平成6年 IC.テスター基板   SMT装着機FUJI(IP-V)
外観検査機
   
平成7 年 IC.テスター基板   SMT装着機FUJI(CP5)
リフロー
   
平成10年 IC.テスター基板   インサーキットテスター    
平成12年 チデジ放送局装置基板受注開始        
平成13年 鉄道、道路信号装置基板受注開始   自動半田装
リフロー
窒素発生器
半田外観検査
   
平成22年     表面実装機ライン入れ替え、
外観検査機導入
   
所在地

〒241-0001 神奈川県横浜市旭区上白根町762-4 TEL.045-953-2528
お車でお越しの場合
■東名高速道路からお越しの場合
  横浜町田I.C→保土ヶ谷BP→下川井I.C
  →中原街道を丸子橋方面→
  ひかりが丘団地交差点をすぎて最初の
  角を左折

■第三京浜道路からお越しの場合
  港北I.C→中原街道を茅ヶ崎方面→
  四季の森入口交差点を右折→
  最初の角を左折

電車・バスでお越しの場合

■JR横浜線 中山駅

  バス旭11、旭13、旭14 鶴ヶ峰駅行き
  バス停『上白根入口』下車 徒歩1分 

■相鉄線 鶴ヶ峰駅
  バス旭11、旭13、旭14 中山駅行き
  バス停『上白根入口』下車 徒歩1分
 
車にて駅までお迎えにあがります。
お気軽にご連絡ください。

このページを正常に閲覧するためには、最新のFlash Playerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。
Copyright (C) 2010 SANKYO Electric.All right reserved.